思いつき

ひょんな事から、こんな募集をいたしました。
※アンケートは終了しております。

岩手(出身)のITエンジニアの皆様。アンケートへのご協力をお願いします!!
盛岡市内の小学校の総合学習「キャリア講演会」において、子供たちの関心が高い「ITエンジニア」として「進路選択」や「仕事内容について」講演の依頼を受けました。

私ひとりのエンジニアの例よりも、幅広く有意義な講演内容にするために、多様なエンジニアの皆様の進路選択・信条などについてお話を伺いたく、アンケートを実施する事といたしました。
今回は、身近な大人(岩手県在住・または岩手県出身の方)に限定いたしますが、岩手の子供たちの未来のために、ご協力をお願い申し上げます。

14名の方から、アンケートの回答をいただきました!!!

ご協力いただいた皆様!そして商品目当てで回答してくれた皆様(笑)!!

本当にありがとうございました。

 

アンケートいただいた方の中から、抽選で【micro:bit】を本当にプレゼントしましたよ。

抽選の様子は、Facebookライブで生配信。 こちら。※音あり

ちょっとインチキっぽい感じになっちゃいましたけども、
12番の盛岡市のエンジニア「ムラさん」に決定!!! おめでとうございます!!

micro:bit(定価2,160円)は、スイッチサイエンスで購入できます!!

高機能なのに、シンプル設計!! 教育向けマイコンボードとして大注目のツール。(愛用しております)

 

アンケートの結果

有効回答者:14名(10代~60代)

【1】岩手で働くことについて、「良いなあ」「得だなあ」などメリットだと思うことは何ですか?
【2】岩手で働くことについて、「不便だなあ」「損だなあ」などデメリットだと思うことは何ですか?
【3】IT系の業種に就きたいと思ったのは、いつ頃ですか?
【4】今の仕事に就くためには、どんな勉強が必要ですか?
【5】今の仕事に必要なプログラミングの技術は、いつ・どこで学びましたか?※主に使用する言語も教えてください。
【6】小・中学校時代に好き(or得意)だった「科目」は何ですか?
【7】小・中学校時代に好き(or得意)だった「遊び・スポーツ等」は何ですか?
【8】今の仕事のために、「やっておけば良かった」や「学んでおけばよかった」と思うことはありますか?
【9】今の仕事の「楽しいところ」や「やりがい」は何ですか?
【10】今の仕事の(内容で)「難しいところ」や「苦労」は何ですか?
【11】仕事をする上で、「気をつけていること」や「大切にしていること」は何ですか?
【12】仕事をする上で、「プラスに感じること」「楽しいこと」「良いと思うこと」は何ですか?
【13】仕事をする上で、(環境や働き方など)「大変なところ」「つらいところ」は何ですか?
【14】10年後は、どんな仕事をしていると思いますか(orどんな仕事をしたいですか)?
【15】ITエンジニアを目指す子供たちへ、あなたの熱いメッセージを!

ざっと、15問。

この質問内容は、事前に子供たちから寄せられた質問をアレンジしたものになります。

想像以上の回答内容で非常に興味深い。回答を一部だけですが、紹介させていただきます。

 

【1】「岩手」で働くことの「メリット」は?

岩手で働く人、岩手出身で地元を離れた人。どちらにとっても興味深い質問ではないでしょうか?あなたならどう答えますか?

何といっても、地元であること。これは、岩手に限らず慣れ親しんだ土地で生活するのはメリットと考えられるでしょう。
人脈や、人脈の作りやすさは、地元ならではですね。
そして、岩手県人の人柄風土自然についても、多くの方々がメリットとして挙げています。
通勤が快適であることなど、「住みやすさ」も。
エンジニア目線では、希少価値。人材が不足しているといわれている業界ですから、この岩手では間違いなく希少な人材と言えますね。

【2】「岩手」で働くことの「デメリット」は?

一方で、デメリット。多くのエンジニアの共通見解。
アクセス。
これは、関東圏で多く開催されるイベントなどへのアクセス。そして、発注元の企業が多く集まっている関東企業へのアクセスも含まれます。
つまりは仕事の量です。どうしても関東圏に比べると仕事が少ない、工賃(給与)が安いと感じる方が多いようです。
また、岩手の土地柄もあってか、新しいモノに対する慎重な姿勢や、変化を嫌う体質も、事業展開としては難しさを感じる部分もありそうです。
そして何といっても、寒い。

【3】IT系に就きたいと思ったのはいつ?

1位:大学生
2位:社会人

子ども達の予想では、小・中学校時代からの夢を叶えてエンジニアになっている!、という幻想があるようでした・・・。
大人になってからでもエンジニアになれるということに驚いていたようです。(そもそも職業をどうやって選択しているか、理解していないのですね・・)

【4】どんな勉強が必要ですか?

大半は、プログラミング技術系のこと以外を挙げています。
調べる力、論理的思考力、コミュニケーション能力、語学、数学・物理、・・何でもアリですね。
そして、プログラミングのように狭い範囲ではなく、幅広い知識が必要と感じている傾向にありました。

【5】「プログラミング」は、いつ学びましたか?

子ども達が非常に気になっている質問のようでした。
大学・専門学校が多い一方で、半数以上が、「会社に入ってから」
当時は、環境や情報が整っていないということもありますが、本当の仕事は現場でしか学べません。

言語は、もちろんバラバラです。C、C++、C#、VB、Java、PHP、Python、HTML、Ruby、SQL、Pascal、RPGⅢ、アセンブラ

【6】小中学校時代の「得意科目」は?

小学生が喜んでくれた質問です。
1位:算数・数学(半数以上の方が挙げてくれました)
2位以下は、理科・社会・国語・体育・図工・・・・
子ども達の予想通りだったようです。

【7】小中学校時代の得意・好きな「遊び・スポーツ」は?

これは、子ども達の予想に反して、見事にバラバラな回答でした。
ゲームを挙げたのは数名。
水泳、野球、剣道、サッカー、ドッヂボール、バドミントン、バスケットボール、スキー、走ること、インラインスケート、パズル、昔の遊び、・・・など

【8】仕事のためにやっておけば良かったことは?

【4】と少し重複しますが。
「特にない」と感じている人が数名。
あとは、見事にバラバラでした。数学・統計学・語学・プログラミング経験・経営・交渉力・文章力・要領のいい勉強法・禅・根気・海外放浪・合気道、、、
最後のほうは、マニアックな項目が並んでいますが。実務と直接関係ないような項目が多数です。

【9】今の仕事の「やりがい」は?

1位:思ったとおりにできた!(半数以上)
2位:お客様の悩みが解決できた、喜んでもらえた!
3位以降、社会で役に立っている、仲間と達成感を味わえる、新しいことにチャレンジ、好きなことだからいつでも楽しい、・・・
みんな「やりがい」あって安心しました(笑)

【10】今の仕事の「難しいところ」「苦労」は?

多かったのは、「新しい技術の習得」
日々勉強ですね。

あとは、生々しい回答が。
スケジューリング、納期とコストの管理、資金繰り、宣伝・売り込み、時間外の対応、いくつもある選択肢から判断すること
自己満足になってしまう、トライアンドエラーを繰り返すところ、お客様の声を正しく聴くこと、トラブル時の状況把握、・・・

苦労が絶えません。

【11】仕事で「大切にしていること」は?

それぞれのプロフェッショナルが光ります。
・お客様の声(要望)を聴く、信頼、自主性・新しいものへの興味。
・誠実に楽しむ。できる方法を探す。
・ネーミング。柔軟な発想。
・わからない事は助けてもらう。
・仲間を信頼する。
・納期を守ること。
・客観的
・資料をちゃんとしておく
・チーム(社内)の人間関係やスケジュール
・いろいろなところに気を配ること。1つに集中しすぎないこと。

全部大切ですね。

【12】仕事で「プラスに感じる」「良いと思う」ことは?

「やりがい」と重複しますが、
・スキル向上
・段取りする力
・知見が広がる
・仲間・人との出会い
・段取力がつく
・達成感
・新しいことへのチャレンジ
・充実感

など。

【13】仕事で、(環境や働き方など)「大変なところ」「つらいところ」は?

【10】と重複しておりますが。
・不具合の原因が分からない
・やる気を維持すること
・セキュリティが厳しくなった
・休日、夜間作業
・エンジニア不足
・プレッシャー
・デスクワーク特有の体のつらさ
・コミュニケーション
・最後までやり抜くこと

聞いているだけでツラくなります。

【14】10年後はどんな仕事をしている?

皆さんが「有言」してくれましたので、ぜひ実現させましょう!
・業界をまたいで多種多様に
・新しいもの、楽しいものを創り続ける
・ツライ事はロボットに任せて、人々がクリエイティブなことができるようにする
・過去や未来じゃない。イマ、ココを正しく理解する
・人の価値観が変わるデバイス開発
・Web管理やパソコン教室
・コンサルタント業
・サラリーマン兼ICT支援
・メディアアーティスト
・すごいシステムを作っている
・独立する
・プログラミング、ものづくり、コンサルティング、ICT教育

【15】子ども達へ熱いメッセージを!

・これからの未来に不可欠な仕事です!
・失敗を恐れず、いろんなものにチャレンジして!
・たくさんの事を経験して、自分の楽しみや得意なことを探して!
・楽しい勉強がきっとある!
・生き残るのは、「変化できる人」です!
・ITはみんなを幸せにするための魔法です!

 

以上アンケートの結果を一部抜粋して、掲載いたしました。

岩手のITエンジニアの皆様。ご協力いただきありがとうございました。

このアンケート結果を参考に、システムエンジニアのお仕事について、小学校6年生に向けて講演を行ってまいりました。

その様子は後ほど。