プログラミング教育について思うこと(2)

for KIDS, PROGRAMプログラミング教室, プログラミング教育, 学校, 岩手県, 盛岡市

前回記事、

プログラミング教育について思うこと(1)は、こちらから。


ICTについて

プログラミング教育について語るとき、

「ICT(Information and Communication Technology)の導入」

日本語では、「情報通信技術」

が、登場してきます。

※ちなみに、「IT」は、Information Technology = 情報技術

 

IT技術の中でも、ネットワーク=通信 を色濃くし、

ビッグデータ活用や、セキュリティ、遠隔医療、防災など、

様々な利用・活用を推進していこう!という動きです。

 

もちろん教育も含まれています

誰でもいつでもどこでも最先端の学習環境を実現するため、

クラウド等を活用した、低コストで利用可能な教育ICTシステムの環境構築

<総務省:ICT利活用の促進>

 

さらに、

若年層に対するプログラミング教育の推進

<総務省:ICT利活用の促進>

と、掲げています。

 

 

さて、ICT利活用とありますが、

インフラ整備が不可欠です。

 



 

ICT導入の現状

こんなデータがあります。

学校における教育の情報化の実態等に関する調査結果(平成28年3月)文部科学省

興味がある方は、覗いてみてほしいのですが、

 

小学校のデータだけ抽出してみました。

 

小学校における ”岩手県”のデータ
◎教育用コンピュータ1台あたりの児童生徒数5.6人/台(全国平均7.0人/台)
◎普通教室のLAN整備率60.6%(全国平均 86.1%)

 

そんなに、悪くないな~~と思いました。

 

ただ、驚いたデータが!!

 

岩手県内の市町村別に見てみると・・・

盛岡市の状況が・・・

小学校における”盛岡市”のデータ
▲教育用コンピュータ1台あたりの児童生徒数8.0人/台(岩手県平均5.6人/台)
▲普通教室のLAN整備率4.3%(岩手県平均 60.6%)

ものすごく平均以下です。普通教室へのLAN整備率「4.3%」低すぎます

※滝沢市も、「2.7%」って、、ものすごく低いですね・・・

 

 

 

さらに、驚きのこんな数字もありました。

 

 

教員の校務用コンピュータ整備率(小学校)

全国平均:115.0%

岩手県平均:98.4%

注4)「教員の校務用コンピュータ」とは、教育用コンピュータ以外の、主として教員が校務に使用するコンピュータのことを表す。
注5)ここでいう「教員」とは、校長、副校長、教頭、主幹教諭、指導教諭、教諭、助教諭、養護教諭、養護助教諭、栄養教諭、常勤講師をいう。

 

 

盛岡市平均:25.5%

滝沢市平均:22.0%

 

え?

え!!!!!??????

 

教員用のパソコンのことだと思うんですが・・・・・

 

整備率「 2 5 % 」 

ということは、

 

教員 「4 人 で 1 台 」 を シェア??

 

そんなバカな。驚きました。この時代に・・・

(100%越えもどうかと思いましたが・・・バックアップですよね・・)

 

いったい現場ではどうしているんだろう・・・・

個人のPCを持ち込んでいるのは考えられないので・・・

 

共有して使っているのか・・・??

メールは?? どうしているんだろう・・出勤管理は?

書類や、生徒たちの管理は???

 

ちょっと職員室を覗いてみたくなりました。

 

 

きっと、パソコンを使わない先生方が多いのですね~~~

先生方。本当にお疲れ様です。

 

 

 

プログラミング教育の前に、

やらなければならないことがあるような気がします・・・

 

 

※編集)全体のデータではなく、小学校のデータに修正。


PAGE TOP