政府成長戦略(2016年6月発表)によると、

第4次産業革命を支える人材確保のため

2020年から初等中等教育での

「プログラミング教育」を必修化すると言っています。

プログラミング的思考に触れることで

読解力・論理的思考・創造的思考力・問題解決力を育んでいこうということのようです。

 

これからの時代を生きていくためには、

これらの能力が必要不可欠であり、
ビジネスや生活において有効であると考えられています。

つまりは、プログラミング言語を学んで、プログラマーを育てよう!
ということでは「ない」ことが、ポイントです。

 

今のところ、

いったい何を学びとするのか、はっきりとした指針が出ておりません
(今まさに真剣に検討されていることと思います)

 

そんな中、
たくさんの教育書、雑誌、新聞などにおいて、

「プログラミング教育」が取り上げられ、

同じようなことが書いてありますが、

「プログラミング」=「パソコンを使ってゲームを作る」

というような雰囲気が出ちゃってる感は否定できません

 

子供たちもそう思っているかもしれませんが、

子供たちは、

プログラミングって、「楽しそう!でも難しそう~~~」

と言っています。

 

普段、タブレットやゲーム機で遊んだり、
動画サイトやSNSサイトを活用したりしていることから、
プログラミング=ソフトウェアは、楽しくておもしろいもの。

でも、それを作るなんて、考えられない!考えたことない!
というところでしょうか。

やったことがないだけですね。

実は、プログラムって、そんなに難しいものじゃないと思います。

 

そりゃ~~エンジニアだもんねって、言われそうですが・・・

まんざらでもないんです。

 

現代のプログラミング環境、資源、情報を考えれば、
超カンタンに、プログラムを作成し、簡単に動かすことができます。

 

そういった意味では、

20年前にプログラミングを学ぶことは、難しかったかもしれませんが、

今では、「誰でも」「どこでも」「簡単に」学べる状況が整っています

 

 

 


SUNNY CREATE(サニークリエイト)は、

「プログラミング思考(論理的・客観的思考、問題解決力など)」に加えて、

教える側も、教わる側も楽しみながら

「考えるチカラ」「創造・想像するチカラ」「自分の言葉で理解・表現するチカラ」

に着目し、取り組んでいます。

 

プログラミング教室のお問い合わせはこちら