chibi:bitでプログラミング体験しよう

for KIDS, PROGRAMchibi:bit, ビジュアルプログラミング, プログラミング教室, マイコンボード

chibi:bit(読み:チビ:ビット)

スイッチサイエンス社製マイコンボード

イギリスの教育向けマイコンボード「BBC micro:bit」の互換機

仕様
・LED x 25個(明るさセンサとしても使える)
・ボタンスイッチ x 2個
・加速度センサー x 1個
・磁力センサー x 1個
・BLEモジュール x 1個
・サイズ:42 × 52 × 10 mm(コネクタ部含む)
・重さ:9 g

製品購入ページ:https://www.switch-science.com/catalog/2900/

 

追加の電子工作なしで「Lチカ」(=LED点灯を行う、ボード導入にありがちな初歩的なプログラム動作)が行える、初級向けのマイコンボードです。

Arduino(アルデュイーノ)やRaspberryPi(通称ラズパイ)の電子工作が苦手で挫折してしまった方。これなら安心。

イギリスでは、100万人の小学生に無料配布されたとか。小学生でも安心ですね。

 

プログラムを作ってみよう

chibi:bitの統合開発環境(IDE)にアクセスします

http://chibibit.io/ide

※インターネット接続できる環境が必要です。

※ブラウザは、ファイヤーフォックスをオススメします。

起動するとこんな感じ

 

左側に、シミュレータ

中央に、ブロック群

右側に、プログラムするところ

実際のボードがなくても、シミュレータを見ながらプログラミングを楽しむことができます。

 

LEDを点灯しよう

基本ブロックの中から、「LEDに表示」を探す

右側のプログラムエリアに、ドラッグする。

 

「最初だけ」のブロックに合体!(カチッと音がするよ)

 

好きなLED表示パターンを、マウスでクリックする

たったこれだけで、プログラムは完成!!!

実際のコード(JavaScript)が、このように出来上がっています。

basic.forever(() => {
	
})
basic.showLeds(`
    . # . # .
    . # . # .
    . . . . .
    # . . . #
    . # # # .
    `)

プログラムをボードに書き込もう

マイクロUSBケーブルを使って、パソコンとchibi:bitをつなぎます

マイクロUSBの向きに注意!

 

 コネクタをよく見て接続しよう!!

 

ハードウェアの準備も、たったこれだけでOK。

※電源はUSBから供給されます。

 

統合開発環境の下にある「ダウンロード」をクリック

 

プログラムが生成されると、このようなダイアログが出現します!

「ファイルを保存する」「OK」をクリック

 

ダウンロードしたhexファイルがあるフォルダを開きます

保存されたhexファイルを、右クリックして

「送る」 「CHIBIBIT」 を選択

 

自動的にコピーが始まります!!

 

書き込みが完了したら、

裏側の上部にある、「リセットボタン」を押すと、

プログラムが起動します!!!!!!!!!!!

 

実際のLED点灯の様子

 

他にも、いろいろなブロックがあるので、試してみて

 

chibi:bit 希望小売価格 3,456円

製品購入ページ:https://www.switch-science.com/catalog/2900/

統合開発環境:http://chibibit.io/ide


PAGE TOP